塗装を行なうにあたって

    戸建の物件を購入した際に定期的に行ないたいのが、外装に関するリフォームである外壁塗装です。一般的にリフォームと...

    Readmore

    サイディングの張替え

    木造や鉄骨の建物の外壁には、色々な仕上が使われています。住宅等の建物に主に使われています防火サイディングですが...

    Readmore

    材料や状況に合わせて

    実際にリフォームを行う際の補修方法に関してです。コンクリートのクラックの場合はまずクラックの原因を確認します。...

    Readmore

10年に1度が目安

黄色い建物

外壁のリフォームは、10年に1度必要と言われています。
たとえ新築だった住宅の外壁でも、そのくらいの年月によって、劣化してしまうからです。
劣化すると、外壁の接合部にヒビが入ったり、塗料がはがれてきたりします。
そしてその隙間から、雨風の影響で湿気やゴミが入ります。
するとカビが生えたり、内部の金属部分が錆びたりします。
腐食が進むと、雨漏りが発生する可能性があります。
雨漏りの修理には、かなり手間がかかります。
屋根自体を交換するなど、大規模なりフォームが必要になる場合もあります。
そうならないように、外壁のリフォームは、10年に1度を目安としておこなう方が良いとされているのです。
外壁のリフォームは、単に塗料を塗るだけではありません。
まずは付着している汚れやカビなどを、徹底的に洗浄します。
すると、細かなヒビや錆びが見えるようになります。
そこに、シーリングやケレンをおこないます。
シーリングとは、ヒビ割れ部分を埋める作業のことです。
これにより、湿気が内部に入り込まなくなります。
ケレンとは、錆びを落としたり、先に塗られていた塗料をはがしたりする作業のことです。
これにより、内部の腐食が防がれますし、下地が平らな状態になり、新たな塗料を塗りやすくなります。
その後、塗装していきます。
塗料には色々な種類があり、合成樹脂やアクリル樹脂やウレタン樹脂だと、比較的安価です。
しかし耐久性は高くなく、5年前後で状態が悪くなります。
そうなると再びリフォームが必要になります。
しかし光触媒塗料だと、15年ほど良い状態を維持できます。
しかも汚れがつきにくく、見た目の良さも維持できます。
さらに、フッ素樹脂だと20年ほど長持ちします。
これも汚れがつきにくく、カビも繁殖しにくいというメリットがあります。
これらの塗料を選んだ場合には、10年に1度を目安としておこなわれている外壁リフォームが、15年や20年に1度おこなえば済むようになるのです。

オススメリンク

水色の外壁

材料や状況に合わせて

実際にリフォームを行う際の補修方法に関してです。
コンクリートのクラックの場合はまずクラックの原因を確認します。
単に乾燥収縮の場合ですと樹脂注入やクラック部分を工具を使いVの字状にカットし溝を作りシーリング材を充填します。
クリープ荷重によるもので有れば前述の補修方法…Read more

木の外壁

劣化状況を確認

建物を長年使用していると色々な箇所が経年と共に劣化しリフォームが必要となります。
水回りの器具関係や内装関係、そして外壁に関しても同じ事が言えます。
外壁に関して考えますと、まず第一にその劣化状況を調査確認し劣化状況を把握する事が大切です。
外部面がコンクリートでできて…Read more

薄い黄色の住宅

サイディングの張替え

木造や鉄骨の建物の外壁には、色々な仕上が使われています。
住宅等の建物に主に使われています防火サイディングですが、最近は色々な柄や色があり見事なものですね、新築当時は」外壁のサイディングもきれいですが10年、15年経つと太陽光の紫外線や風雨により汚れてきます。
また、目地や窓廻…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031